« 沖縄ピースサイクルへのメッセージ・1 | トップページ | 閑話・1 »

2009年6月16日 (火)

沖縄ピースサイクルへのメッセージ・2

  「じゅごんの里」のみなさまへ
  「・・・さて、当地名護市東海岸には、国際的保護動物で、日本ではもうこの地にしかいないともいわれる『ジュゴン』が棲んでいるとお聞きしております。それだけ美しい海なのだと思います。
  そんなところへ、米軍普天間基地の代替基地建設が強硬に進められようとしているとのことで、陸上の工事で土砂が海に流れ込み珊瑚が死滅してしまうというのに、巨大な軍事基地が建設されれば、ジュゴンの棲めない海になってしまうことは容易に想像できます。
  名古屋の弁護士、籠橋隆明さんは、『自然にも権利がある』とおっしゃっておられます。・・・地球上の各地で進行している自然破壊の実態を見るとき、自然が自然のままであることの重要性を肌で感じることはないだろうか。・・・私たちはそこに住んでいた野生生物に思いを馳せる。メダカまでもが絶滅を心配されている今日、深刻な自然破壊を前に私たちは自然にも生きる権利があればと願うこともまれではない。それはすぐれて人と自然との関係の中で生まれた、優れて人間的な感性である。『自然の権利』という考えにそって挑戦している・・・

  「じゅごんの里」のみなさま、
  この愛知とは、遠く海で隔てられておりますが、それは海とでつながっていることでもあります。そしてその海こそが、私たち生きる者のすべての「母」でもあります。それぞれの地域の森、川、海が愛おしい気持ちはみな共通なものでしょう。ならば、その土地、地域での運動、闘いを灯し続けることの大切さを確認し、沖縄の海に、じゅごんにその心を馳せたいと思っております。
  今後ともご交誼のほどを願い、愛知からのメッセージといたします。
             ピースサイクル愛知ネットワーク

|

« 沖縄ピースサイクルへのメッセージ・1 | トップページ | 閑話・1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/45356682

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄ピースサイクルへのメッセージ・2:

« 沖縄ピースサイクルへのメッセージ・1 | トップページ | 閑話・1 »