« 衆議院選挙を考える・10 | トップページ | 衆議院選挙を考える・11 »

2009年2月 1日 (日)

ATUサポート市民の会総会

 第2回連続労働講座も盛会
 今日は長い1日だった。
 朝9時受け付けの、「老兵たちのフォーラム」3月例会の会場取りに出かけ、JR中央線・鶴舞駅から名古屋駅に出て、ATUサポート市民の会の第2回総会に駆けつけたのだった。
 10時からの総会は35人ほど。活動と会計報告、活動方針、規約改正、役員選出など、型通りであったが、ATUのほか7団体からの運動の報告、あいさつが全体時間の半分以上占めていたから、メリハリはあったと思う。正午過ぎに終えた。
 午後からは、第2回の「トヨタ」連続労働講座で、やや狭い会場ではあったが、60人以上が隙間なく席を埋めた。
 トヨタ系列の「愛知製鋼の偽装請負」にかかわった当事者と、支援した名古屋ふれあいユニオンの運営委員長との対談形式で、愛知製鋼の請負の、その請負会社への派遣の、その派遣会社の下請けの派遣会社の労働者に連なる問題で、「ええ!」「そんな~」という声が洩れる話が次々と。「トヨタ系の会社ということクリーンな職場だと思ってきたのに」「労災隠しは事実だけど、それを労基署に告発したら、その労働者だけでなく、派遣会社そのものが仕事を取り上げられ、潰されてしまう」「本工の組合は何してんだ」・・・。
 「どんなひどい状況かはわかった、ではどうしたらいいのかの宿題を、私たち参加者は戴いた」(司会)
 トヨタ研究者で大学の講師からは、「自動車業界のこの1年を振り返って」と題して30分ほどの報告も盛り込まれた。また、名古屋に取材できていた、ルポライターの鎌田慧さんが飛び入りで、20分ほど話を聞かせてくれた。
 このよう集会では初めてだろうが、女流の落語家を招いて「講座での高座」で締めくくった。“おあとがよろしいようで”ということで、第3部は懇親会。午後6時散会。

|

« 衆議院選挙を考える・10 | トップページ | 衆議院選挙を考える・11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ATUサポート市民の会総会:

« 衆議院選挙を考える・10 | トップページ | 衆議院選挙を考える・11 »