« 半徹夜作業となり | トップページ | 名古屋市長選挙を考える・4 »

2009年1月16日 (金)

組合回りに同行

 予定は外れるものか…
 明日は、それこそゆったりした気持ちで「寒中見舞い」の宛名書きをするつもりだ。と、頭の中で予定を描いていたら、「明日、オルグに回るから、都合はどう?」と聞かれ、あまり寝ていないこともあって、一瞬「予定がある」と答えようと思った。だが「いいですよ、何時にします?(午後からがいいなあ・・・)」と答えていた。
「じゃあ、10時にしよう」となって、またしても“予定は外れるもの、あてにならないなあ”とため息。
 朝9時喫茶店で、モーニングサービスで軽い食事と薬飲。10時きっかり、3人が車で金山を出発して、合計6か所を訪問して、総会と第2回の「トヨタ」連続労働講座への参加招請。パンフレット「あなたの知らないトヨタ」「フィリピントヨタ労組と共に」の紹介と購入を要請して回った。終えたのが午後1時。金山駅近くで別れて、一人で「名古屋ふれあいユニオン」の事務所を訪ねた。結構縁に浅からぬものがあったが、訪問するのは初めてであった。専従の彼はいるだろうか。組合員にブラジル人労働者も多いと聞いているから、誰かはいるだろう、そう思ってドアをノックしたが、どうやら不在のようであった。「派遣切り」問題で、職と宿を求めて、中村区役所か社会保健事務所での交渉にでも参加しているのであろうか。
 自宅近くのバス停を降り立ったのが、午後2時過ぎ。近くのお店に入って牛丼で遅めの昼食をとって、隣接する公園を30分ほど散策。ようやく、ゆったりした時間がやってきた。ベンチにお年を召した男性が二人、陽にあたるようにして池面を眺めていた。日差しが弱くても、風がないだけ暖かい。襟巻、手袋もとって、枯れ枝に残る葉を数えるほどの歩調で池の周りから、芝生の広場を抜け、雑木林に沿って歩を進めた。
 あっ、そうだ、寒中見舞いのはがきを書かなくっちゃ、と思いだして、公園を後にした。

|

« 半徹夜作業となり | トップページ | 名古屋市長選挙を考える・4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組合回りに同行:

« 半徹夜作業となり | トップページ | 名古屋市長選挙を考える・4 »