« 折々の詩「秋扇」 | トップページ | “テロ”をいう安易さを憂う »

2008年11月20日 (木)

防衛大学への「不信」は残念!

 田母神前航空幕僚長暴論のその後
 今朝の毎日新聞朝刊に、以下の記事が小さく掲載された。
 「防衛省は19日、田母神(たもがみ)俊雄・前航空幕僚長が統合幕僚学校長時代に新設した同校講座『歴史観・国家観』の講師名と講義の概要を公表した。08年度の講義には『現在の日本の歴史認識は歪曲』など田母神氏の論文に近い内容が含まれており、主な講師4人のうち3人は『新しい歴史教科書をつくる会』関係者だった。
 同省は03年度から今年度までの講師のうち同意を得られた人の名前を公表。『つくる会』副会長の福地惇・大正大教授▽同会理事の高森明勅・日本文化総合研究所代表▽同会ホームページで賛同者と紹介された作家の井沢元彦氏▽坂川隆人・元同学校教育課長--の4人で、ほとんどの講義を担当していた。【松尾良】毎日新聞 2008年11月20日 
 当ブログでは11月1日に、この件に関して以下のような内容を掲載した。
 「・・・しかし、暴言であれ、放言であれ、確信した本音であれ、私は彼が『防衛大学』出身であることに注目している。防大出身者すべてが、彼のような時代錯誤、単純思考、英雄気取りとは思わないが、とにかく制服組のトップまで上り詰めたキャリヤーには違いないのだ。とすれば、防大では、彼のように思考する流れがあるのではないかという疑いがある。」と。
 実際のカリキュラムを検証しているわけではないので、断定はできないが「やっぱりなあ」と思った次第。他にも応募を勧め、懸賞論文の応募者が多数いたことも判明している。何ともやりきれない気分にさせられるが、いかにも手の届かない「闇の世界」すら、想起してしまう。
 民主国家日本の政府機関の一つであり、日本国憲法のもとにあって、「村山談話」を引くまでもなく、これまでの政治・社会の在り方に「自民党政治」を替えたい気持ちとは別に、一定の安心感を持って自衛隊を見ている私にとっては、「遺憾」というほかない。
 1953年の開校以来2万名以上の卒業生を送り出し、自衛隊3軍のトップ・中枢を占めていると思われ、そんな中でこの事件は、「田母神航空幕僚長」の暴論の発覚であり、そして防大への「不信観」の始まりともなったのだった。

|

« 折々の詩「秋扇」 | トップページ | “テロ”をいう安易さを憂う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防衛大学への「不信」は残念!:

« 折々の詩「秋扇」 | トップページ | “テロ”をいう安易さを憂う »