« ピースサイクル愛知の第一日 | トップページ | ピースサイクル3日目 »

2008年7月27日 (日)

ピースサイクル2日目

 岡崎発、豊田・三好・日進経由名古屋
 前日、都合で家に一端戻った私であるが、午前11時、三好町役場で本隊と合流したとき、それまでの経過を聞けば、午前8時過ぎに勤労福祉会館を自転車3人。自動車2台で出発し、いつもの八剣社、水源公園で休憩をとったあと、“おいでん祭り”のある豊田市に10時ころ到着。ここで自転車組の二人の女性と自動車の一人が加わって、三好町に向けて出発。予定時間ピタリの11時に役場前に到着し、三好町の議員ら4人及び、名古屋組の3人が合流したのだった。
 ここからは名古屋実行委員会の担当となり、日曜日にもかかわらず対応をしてくれた三好町担当課長に対して、町に対する訪問挨拶を行い、申し入れ事項の見解を求めたが、丁寧な回答が返ってきた。
 庁舎前で記念写真を撮って、正午過ぎに三好町を出発、自転車隊は7人になった。日進までの道のりは、距離的には10キロ足らずであっても、起伏のあるコースで60代にとってはきついので、コース途中の愛知池近くと、名鉄豊田線の米野木駅で小休止し、そのあと、天白川堤防道路を気持ちよく走って、午後1時過ぎに日進市民会館前に到着した。玄関前には50人ほどの出迎えとカメラマンもいると言う歓迎ぶりであった。早速そこで記念写真。
 午後1時15分、日進市主催歓迎会開始、市の部長から歓迎の挨拶と市長メッセージを受け取り、ピースサイクル一行からは訪問とお礼の挨拶、更に申し入れに対する見解を受けた。会場には、地元の市民グループ、近くの大学から参加した大学生を含め、総勢60人あまりであったろうか。
 1時40分ころから、市民グループ主催の昼食会、交流会が始まり、カンパと共に日進の親子が折った折り鶴3000羽余(これに豊田市民の1000羽を加えて4000羽余)がピースサイクル隊に託された。
 テーブルには、カレーライスをメインに、バンバンジーと野菜たっぷりのサラダ、お茶、ジュースが並び、デザートは地元産と思われるスイカ、最後にホットコーヒーも出るという、いつもながらの大歓迎会が用意され、一堂大感激。40分あまりの自由時間は、別コーナーで開催されていた平和展に行って、それぞれ交流を図った。
 午後3時の出発時には雨がぽつりぽつり。それでも拍手と歓声を背に受けて市民会館を後にしたが、自転車隊は4人になった。大粒の雨、稲光、遠くに聞く雷鳴の中、天白川堤防をひたすら南下して、名古屋市に入るころには雨足も弱まり、河川敷の緑道に降りて走り続け、午後4時新瑞橋付近に到達。5時、金山近くの宿舎に到着。
 伴走車の到着を待って、荷物を下ろしてスーパー銭湯に行き汗を流し、この日の予定を終えた。
(追い書き)

|

« ピースサイクル愛知の第一日 | トップページ | ピースサイクル3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/42003361

この記事へのトラックバック一覧です: ピースサイクル2日目:

« ピースサイクル愛知の第一日 | トップページ | ピースサイクル3日目 »