« 航空自衛隊小牧基地申し入れ | トップページ | 福田改造内閣、このときを思う »

2008年7月31日 (木)

PCの名古屋市、愛知県への申し入れ

 中部圏の中核地域・自治体
 近い将来、「道州制」がなったとき、「中部州」か「東海道」となるかは知らないが、いずれにしても、その中核都市、地域となるであろう、名古屋市と愛知県である。従って、ピースサイクル(PC)としてのここへの申し入れは、他の自治体とはやや違って、政治的色合いも濃くなる。
 例えば名古屋市の場合、
  「戦争や核実験等の議会における意見書や決議の県政への反映と、市としての『非核平和都市宣言』を期待し、或いはアジア諸国との友好、青少年の交流や戦争・平和資料館の設置など、平和行政の推進をお願いいたします。又、アメリカ海軍の艦船の寄港(の常態化)は拒否する姿勢を貫いて下さい。」「憲法を改悪しようという動きが強まっています。とりわけ憲法第9条の改正は、「戦争のできる国」への水路を開くものとして、認めるわけにはいきません。『憲法九条を守れ、活かせ』を行政に反映して戴きたいこと。」「航空自衛隊と共用する県営名古屋空港については・・・空港それ自体は愛知県の所管ですが、地方自治体としてなしうる全ての権限を駆使して、基地機能拡大阻止にご尽力いただきたいこと。」「アスベスト問題について」「ゴミの不法投棄、埋め立ての監視、ゴミの発生を抑制しリサイクルするなど、省資源、循環型社会に向けての諸施策のいっそうの推進をお願いします。」
 更には、「COP10開催を控え、全市、全県的な植樹運動、海、河川、湖沼の浄化に努めるなどの自然・環境破壊を阻止することはもちろん、再生事業にも積極的に取り組んで下さい。更に、市街地開発事業などでは、都市の景観を損なうことなく、又、車の乗り入れ規制、公共交通機関の充実化を通して、大気汚染、ヒートアイランド現象防止に努めてください。広小路通りの、歩道の拡幅構想は、幅広く意見を求めて実現の方向で進めて下さい。」
 などである。一方愛知県に対しては、
  「戦争や核実験等の議会における意見書や決議の県政への反映と、県としての「非核平和地域宣言」を期待し、或いはアジア諸国との友好、青少年の交流や戦争・平和資料館の設置など、平和行政の推進をお願いいたします。」「憲法を改悪しようという動きが強まっています。とりわけ憲法第9条の改正は、「戦争のできる国」への水路を開くものとして、認めるわけにはいきません。「憲法9条を守れ、活かせ」を行政に反映して戴きたいこと。」「航空自衛隊と共用する県営名古屋空港については、C130輸送機のイラク派遣の継続強化、新たに空中給油機の配備等、空自小牧基地の機能拡大に伴い、民間空港としての機能圧迫、不時着事故など、周辺住民・自治体の不安が高まっていると聞き及んでいます。これらについて、地方自治体としてなしうる全ての権限を駆使して、基地機能拡大阻止にご尽力いただきたいこと。」他にアスベスト、ゴミ・リサイクル、COP10などは、名古屋市同様に求めた。
  そして名古屋市と愛知県に求めた、秋葉忠利広島市長、田上富久長崎市長宛の「平和メッセージ」については、そうした対応はしていない、というだけの理由にならない理由で応じなかった。議会与党(自民・公明、一部民主)に憚っての事であろうが、彼らの「平和への想い、決意」は、そうした領域でのものでしかない。
 来春の名古屋市長選挙、2011年の知事選挙は、こうした観点からも、取り組まねばならないと感じた。
(ピースサイクルの項は、これで了とする)

|

« 航空自衛隊小牧基地申し入れ | トップページ | 福田改造内閣、このときを思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/42007242

この記事へのトラックバック一覧です: PCの名古屋市、愛知県への申し入れ:

« 航空自衛隊小牧基地申し入れ | トップページ | 福田改造内閣、このときを思う »