« 内野労災認定勝利報告集会 | トップページ | TMPCWA支援の昨日、今日、明日 »

2008年6月23日 (月)

沖縄戦終結63周年

 ピースサイクル一行も参加
 今日は沖縄戦が終結した日といわれ、現地では「慰霊の日」として全戦没者に対する追悼の式典が行われた。黙祷が行われたという正午、その時私は、雲間のわずかな晴れ間を見て、洗濯ものを干していた
ころだと思うが、南の方に向いてTシャツをハンガーに吊るしていても、「沖縄戦終結63周年」を思い浮かべることができなかった。夜、豊田から帰って夕刊を見て気付かされたのだった。そしてすぐ「そうだった!ピースサイクル沖縄コースが走行中なのだ」とすぐに連想したのだった。
 その「沖縄ピース」が当初計画のままで進んでいれば今日は、「自転車にて宜野湾市発、糸満市の国際反戦沖縄集会に参加」しているはずだ。そして、過ぐる21日には沖縄県北部へ車で移動して、東村の高江で「ヘリパット建設反対協議会」との交流を済ませているはずである。その日のために「ピースサイクル愛知ネット」が送ったメッセージは、以下の通りである。
  「・・・さて、東村高江地区でのヘリパッド建設に反対するみなさまに、激励のメッセージを送りたいと思います。基地建設といえばまず、航空機の墜落や不時着などの事故が予想され、飛行に当たって飛行ルート沿いや基地での整備・試運転での騒音が心配されますが、それらについてきちんと説明がなされているのでしょうか。
  また、環境への影響は基地周辺の住環境、騒音だけではありません。基地予定地近くにはヤンバルクイナの生息域があるとお聞きしており、悪影響を与えることは避けられないでしょうから心配です。
  思うに、ヘリパッド基地建設はそうした地域的な影響が第一ですが、米軍再編という中で、沖縄全体が米軍の極東地域の前線基地として強化、永久化されることが懸念されます。なんとしても、基地建設を阻止したいものです。・・・」
 このようにメッセージまで送られているのに、今日という日を失念しているとは!これが「本土感覚」というものなのだと思うと、ちょっと情けない。

|

« 内野労災認定勝利報告集会 | トップページ | TMPCWA支援の昨日、今日、明日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/41629469

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄戦終結63周年:

« 内野労災認定勝利報告集会 | トップページ | TMPCWA支援の昨日、今日、明日 »