« 丸善に立ち寄る | トップページ | 小田 実さんの追悼デモ »

2007年8月 4日 (土)

広島、長崎へメッセージを送る

 おっと見過ごすところだった
 愛知のピースサイクルが終るころ、六ヶ所村町、広島市長、長崎市長宛にメッセージを送ることになっていたのであるが、ついホッとして他事に気が行ってしまい手付かずだった。
 昨夜は、購入したばかりの本に熱中している最中に気がついて、すぐさま取り掛かったが、そうたやすく書けるはずもなく、今日の午後過ぎになってしまった。
 3日締め切りの六ヶ所村は断念、4日締め切りの広島はメール、7日締め切りの長崎は午後投函となった。当該から督促があって気が付くことが多いのであるが、それでも、目の前のことに忙殺されるとつい忘れてしまう。当面の作業を追っかけるだけで精一杯と言うところがあって、これは記憶力と実務能力の低下の証左であろう。そういう自覚が必要で、その自覚さえあれば、もう少し前もって段取りをつけることもできたかもしれない。
 そういえば、7月31日の「国賠田中訴訟」の公判の傍聴について、すっかり失念していて、2日経ってから人様のホームページを見て気がつく有様である。
 こうなると、外出時の火の元、電源、鍵かけが心配になってくるし、依頼事、預かりものの忘れに、何らかの防御策が必要だ。
 それで今年のメッセージは、昨年のものをベースにしているが、原爆症訴訟で7月30日に出された、6つ目の熊本地裁判決を取り入れた。「62年を経てなお裁判所に通う原告」について。また、長崎市長宛では、凶弾に倒れた前市長についても冒頭で触れたのが大きな違い。
 それぞれ、6日と9日にこのブログで紹介したいと思う。

|

« 丸善に立ち寄る | トップページ | 小田 実さんの追悼デモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/16003198

この記事へのトラックバック一覧です: 広島、長崎へメッセージを送る:

« 丸善に立ち寄る | トップページ | 小田 実さんの追悼デモ »