« ピースサイクル・愛知ネット(2) | トップページ | 参院選挙終る・1 »

2007年7月28日 (土)

ピースサイクル・愛知ネット(3)

  7月28日は、名古屋から各務原まで
 愛知県庁9時に集まったのは、伴走車2台、自転車6名。そこへ自転車で通りがかったNさんが、様子を聞いてその気になったらしく急遽参加することになった。年齢とか、自転車の整備状況も気になったが、保険の未加入が心配であった。この日は他にも未加入者が一人いた。
 途中で遅れての参加者一人が休憩地点で合流し、小牧までは8人の自転車隊で、ようやく“隊”と呼ぶにふさわしい陣容となった。
08:25 宿舎を二人で出発。愛知県庁前に52分に着いた。
09:20 伴走車2台、自転車7名で出発。途中で1名が合流し8名に。
10:20 自衛隊小牧基地正門横のコンビニに到着。
10: 35 ピースアクションと岐阜ピースのメンバー3人と合流し、小牧基地司令に申し入れ。(全体で約30名 ~11:05)
      小牧武道館で昼食と岐阜ピースへの引継ぎを行う(10名 ~12:00)
      小牧発-伴走車4台、自転車6名
14:00 「東濃コース隊」と合流し、航空自衛隊岐阜基地(各務原市)に申し入れ。(18名~14:20)
 ここで全員写真を撮り、愛知ネットは帰路に着いたが、一人が岐阜市まで走ることになった。以上が、愛知県3日目の概略。
 この日の訪問先は、土曜日ということもあって官庁への訪問はなし。小牧と岐阜の航空自衛隊基地2か所のみ。
 小牧基地では、ピースアクション参加団体と、ピースサイクル合同の申し入れとなったが、それに過敏に反応した隊側は、頑丈な鉄製の門扉の前に、もう一つの鉄製の“阻止線”を設置して身構えていた。何を勘違いしてのことだろう。何をそんなに恐れているのだろう。両団体とも、これまで、基地内に進入したこともなければ、門扉を揺さぶって、進入の構えさしたことはなかった。申し入れをするので、炎天下の中、応接の場所を要求したくらいであった。
 この対応について担当者に説明を求めたところ、「みなさんの安全を考えて」との「?」な答が返ってきた。
 同じ航空自衛隊の岐阜基地では全くオープンの対応で、ゲートは通常通りで、“阻止線”らしき対応は見かけなかった。担当者が門の外に出て、申し入れ文書をしっかりと受け取っていた。
 これはC-130輸送機と隊員を今でもイラクに派遣している小牧基地との違いであろうか。隊の中にある、ある種の“緊張感”がそうさせるのであろうか。隊員を派遣した陸自の豊川も守山もこんな構えはしないのだが。
 岐阜基地で、岐阜ピース隊を送り出して、ピースサイクル愛知の全日程は無事に終った。この後、報告を兼ねて各団体へのお礼と、報告書のまとめ、会計処理をして本当に終わるだが、実は「来年はどうする」という課題はそっくり残ることになり、11月の「ピースサイクル全国ネット(総括とPC2008)総会」に向けて取りまとめが必要なのである。 
(追い書き)

|

« ピースサイクル・愛知ネット(2) | トップページ | 参院選挙終る・1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/15936712

この記事へのトラックバック一覧です: ピースサイクル・愛知ネット(3):

« ピースサイクル・愛知ネット(2) | トップページ | 参院選挙終る・1 »