« 参院選挙を考える・9 | トップページ | ピースサイクルからの申し入れ »

2007年7月18日 (水)

ピースサイクルの下見

 日進では展示と実行委員会
 今月26日に愛知県入りし、豊橋で浜松グループから引き継いで始まる「ピースサイクル2007・愛知コース」のうち、昨年のコースから変更が予想される「日進市米野木-日進市民会館」のコース調査と試走に出かけた。
 午後2時30分、地図、メモ帳、水筒を持って出発し(日焼け止めを塗るのを忘れた!)、アップダウンを避けるためやや迂回して、野並、島田、平針、野方経由で3時半ころ、日進市「にぎわい交流館」に到着した。
  ここは昨年の日進市主催の歓迎会、市民グループ主催の交流会の会場となった所。又、「ピースサイクル2006展示コーナー」が設置された所でもあった。
  せっかく近くまで来たのだから、素通り出来ないと思い、ちょっと覗くつもりであった。ところが昨年より規模は小さかったが、「2007年ピースサイクル展」が開催されていたので、しばし眺めていると、顔見知りの人から声をかけられ、2階会議室で「ピースウィーク」の相談をしているところだから、ということで案内され、一言あいさつをさせてもらう機会を得た。
  又、日進市主催の歓迎会の担当者(市民環境部)がいて、そこで、当日の打ち合わせをすることができ、偶然とはいえ、これで日進市での段取りは概ね終えることができた。
  30分ほど滞在の後、今日の目的である、米野木から市民会館までのコースの下見をすることになり、予定コースを走ってみたところ、車の通行量が多い割には部分的に歩道がないところがあり、やや危険のため新しいルートを探すことにした。そこで、天白川支流沿いに道路があり、そこを通れば、歩道のない箇所は数十メートルだけとなるので、そのコースに確定した。伴走する自動車は、従来通りの県道を走ってもらう予定である。
  ただ、歓迎会・交流会の会場となる日進市民会館は丘陵地にあるので、朝8時に岡崎市を経って、豊田市、三好町と走ってきた身には、最後のその急坂を上がり切るには少々骨が折れそう。  
  まあ、距離的には数百メートルだから自転車を降りて歩いても知れているが、集団で走っていると、中々降りる勇気が
もてなくて、ついつい腰をあげ、歯を食いしばってしまうだろう。今日はあっさり降りてしまったが。
 そのあと、市民会館から名古屋に向けての天白川堤防道路コースを試走してみた。結果的には、去年と殆んど変わるところはなく、同じルートで走ることにして、天白区の平子橋まで走って、今日の調査と試走を終えた。約3時間、30数キロくらい走ったであろうか。

|

« 参院選挙を考える・9 | トップページ | ピースサイクルからの申し入れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/15805851

この記事へのトラックバック一覧です: ピースサイクルの下見:

« 参院選挙を考える・9 | トップページ | ピースサイクルからの申し入れ »