« 平和の自転車リレー・ピースサイクル2006 | トップページ | 平和の自転車リレー・ピースサイクル2006 »

2006年7月27日 (木)

平和の自転車リレー・ピースサイクル2006

 ピースサイクル・愛知の第2日目<豊田-名古屋>

 -豊田市訪問の記-
 昨日に続いて今日も青空が広がり日差しが強い中、午前9時から豊田市役所で鈴木市長に対し「平和行政推進」などの申し入れを行った。参加者は地元の小林元県議を始め総勢12人。市側からは4人。矢作川の水という飲料水のペットボトルの差し入れを受け、その後アップダウンのある国道153号線などを通って西加茂郡三好町へ向かった。

 -三好町訪問の記-
 伴走の車2台。自転車には女性を含む6人が乗って快調に走り、10時10分ころ三好町役場に到着。支援の加藤町議他4人の出迎えを受け、庁内、議会棟の一部を見て回り、早速、町長への申し入れの場に臨んだ。町側から3人が出席し、事前の申し込みの際の要請事項の回答のあと、改めて5項目の要請を行い、若干の質疑を交わした。
 この町を訪れて3年目になる今年、久野町長から秋葉広島市長宛の平和メッセージが初めて託された。加藤議員の話によれば、自民党系の町長であるが、柔軟なお人柄だという。ここでも飲料水の差し入れを受け、役場前で記念写真を撮ったあと、三好町を後にした。なお、市民グループからのカンパも寄せられた。

 -日進市訪問の記-
 三好町で自転車一人、伴走車1台が加わって次の日進市へ向う。日差しがますます強くなる中、一人が転倒したが幸い擦り傷程度でホッと。途中1回の休憩のみで、予定通り午後0時30分、緑区から駆けつけたYさんをはじめ、市議の白井さん、後藤さんなど大勢の拍手で迎えられる中、市役所玄関前に自転車の一行が到着。
 直ちに歓迎・交流会の会場、昨年11月に開館したという、市民が集う「にぎわい交流館」に移動し、市の職員による、歓迎セレモニーが始まり、市の歓迎のあいさつ、市長の歓迎メッセージ代読のあと、愛知ネットの代表がお礼とここまでの経過などのあいさつ、佐護市長から秋葉市長宛のメッセージ朗読、ピースサイクルからの申し入れと続き、次に市民グループによる、「昼食・交流会」に移った。
 用意された昼食は手づくりによる、散らし寿司、お好み焼き、一口ハンバーグ、スイカゼリー、コーヒープリン、杏仁豆腐のデザート、食後のコーヒーなど、豪華な食卓となり、参加者全員が、お腹一杯にご馳走になり、疲れを癒した。
 会場の飾り付けにもその気持ちが表れていて嬉しいものだった。その交流タイムでは、サイン色紙2枚、3000羽の折り鶴が広島へ託され、カンパも寄せられた。そして参加者全員の自己紹介や感想などが語られ、2時間あまりの会はあっという間に過ぎていった。再び市庁舎玄関前に集まって記念写真を撮ったあと、拍手と声援を背に受けながら、名古屋に向けて出発した。

 -名古屋への、走行の記-
 日進市からの自転車には、岡崎グループが帰路についた一方、新たに3人が加わって8人が参加、伴走車は2台。今年初めてのコースである天白川堤防上を気持ちよく走ってもらう積りだったが、砂利道あり、水溜りありが不評で、その上、伴走車が案内図を読みきれず迷子に。しかも途中の、名古屋市天白区平子2丁目の角で小学一年生の転倒があり、ちょっと心配し、いろいろ課題を残したコースとなった。
 午後5時やや過ぎに今夜の宿舎「東海民衆センター」事務所に到着。旅装を解いて近くのスーパー銭湯「宮の湯」へ行き、汗を洗い流してさっぱりした気分になって、7時ころから近くの中華料理店で夕食、事務所に帰ってからしばし懇談して夜が更けた。

|

« 平和の自転車リレー・ピースサイクル2006 | トップページ | 平和の自転車リレー・ピースサイクル2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183099/11165807

この記事へのトラックバック一覧です: 平和の自転車リレー・ピースサイクル2006:

« 平和の自転車リレー・ピースサイクル2006 | トップページ | 平和の自転車リレー・ピースサイクル2006 »