« 7・7シンポジウム | トップページ | 平和共同候補擁立・愛知の場合 »

2006年7月 9日 (日)

チリリ~ン・その1

緑区の現風景・扇川・1

 名古屋市緑区の中心地を流れる扇川(おうぎがわ)の下流は、緑区大高町下塩田にある大星橋(たいせいはし)下流三〇〇メートルで、中堤防が切れて天白川と合流し、名古屋港・伊勢湾に注ぐ。
 歩行者専用の大星橋から下流を望めば、国道23号線と、その上を走る名古屋都市高速道路が見え、上流に目を移せば、JR東海道本線と東海道新幹線の鉄橋が見え、その遥か先に緑地が見えるが、あれは熱田神宮とゆかりの深い成海神社の森であろうか。鉄橋の右岸、即ち名古屋市南区側に、鎮守「牛毛神社」がある。
 それにしても両岸はがっちりとコンクリートで固められ、川というより大きな排水溝といってよい。ひところに較べれば、きれいになったといわれる川の水は、薄い油が浮き、濃緑色をしている。それでも時折り、二〇センチほどの魚が跳ねて、銀色の腹を見せる。ボラであろうか。
 JRの鉄橋の近くの河川敷、といっても、コンクリートの段差の上。満ち潮になれば、川面から1メートルほどしかないであろう所に、テントの“住居 ”が二棟ある。隣地に一坪ほどの畑が2面あり、自転車も置いてある。小屋の前に釣竿が6~7本立てかけてあって、燃え残りの灰も新しい炭火のコンロが見え、くらしの営みが伺えた。
 これでは、ちょっとした雨でも押し流されてしまうであろうから、ここの住人は、雨足を見て素早く避難するのであろうか。

 国道1号線の通る橋は、天白川にかかる橋が「大慶橋」といい、扇川にかかる橋が「汐見橋」というが、このあたりで両川は北と西に別れ、扇川の方は、上流に行くに従って「鳴海」の歴史がちらほらと顔を出す。江戸期にあった「郷蔵(ごうくら・ごんぐら)」「土場(どば)」は、歩行者専用の上汐田橋あたりと思われる。これについては「緑区の原風景・東海道」でも触れた。
 またこの辺りには「被差別部落」があったとされ、その名残りのように近くには、名古屋市上汐田教育集会所があって、入り口には「人権が尊重され 差別偏見のない 人間性豊かなまち 名古屋の実現を」の張り紙がしてある。
 付け足しに書けば、「私の小さな映画史」で紹介した「鳴海東映劇場」という映画館のあった所は、今は住宅が建っていて痕跡すらない。また、私が一年通った珠算塾は、その近くの街灯に「南星速算学会」という看板が残ってはいたが、開塾している様子はなかった。いまどき、そろばんをはじく子どもも、通わせる親もいないのであろう。
 「土手」に戻ってみる。車の往来の激しい汐田橋の近くに「正一位秋葉神社」という小さな神社が今もあるが、その“ほこら” を見ていて半世紀前を思い出した。
 わが家から扇川の土手伝いに下流に向っていくと、浅間神社・浅間橋を越え、根古屋から鳴海橋に出る。そこから先が通称「西町」といわれていた集落で、その土手、多分「土場」あたりだと思われるが、そこにこの“ほこらが”があって、そばに大きな木が一本立っていたような気がする。よくよくみれば、「秋葉神社」と刻まれた石柱の裏には、昭和48年(1973年)とあるから、扇川堤防の大改修工事の際に移設されたのかもしれない。

 さて今回の「扇川・1」は、更に上流の、手越川の合流地点、中島橋までであるが、このあたりについては既に触れているので、今回はここまで。次回は、中島橋から上流、水源地近くまでを書いてみようと思っている。

      〔連載・第1回:緑ネット第65号/2005・10・20〕

|

« 7・7シンポジウム | トップページ | 平和共同候補擁立・愛知の場合 »

コメント

初めまして。
鳴海にあった映画館を個人的に調べていると、以下の4つの名前が出てきて困惑しています。鳴海東映と鳴海文化劇場、松映座と長栄座は同じ映画館だったということでよいのでしょうか。
教えていただければ幸いです。

・鳴海東映
・鳴海文化劇場
・松映座
・長栄座

投稿: | 2019年2月14日 (木) 23時38分

当時の鳴海町にあった映画館は3つです。
1、長栄座(名鉄鳴海駅前)
2、鳴海東映劇場(上汐田)
3、  ? (名鉄中京競馬場駅前)
中京競馬場駅前に映画館があったのは事実ですが、私は観に行ったことがありませんので、映画館の名前の記憶がないのです。

投稿: | 2019年2月15日 (金) 16時21分

ありがとうございます!

中京競馬場前駅の北西側に「BS劇場(BS映劇)」という映画館があったそうです。

投稿: | 2019年2月24日 (日) 20時24分

BS劇場(BS映劇)でしたか、覚えておきます。
有り難うございました。

投稿: | 2019年2月25日 (月) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チリリ~ン・その1:

« 7・7シンポジウム | トップページ | 平和共同候補擁立・愛知の場合 »